乳癌は定期検査で防ぐ|早期発見が出来れば転移も怖くない

ドクターとナース

癌性胸膜炎

男の人

癌性胸膜炎とはなにかとその症状

癌性胸膜炎は肺を覆っている胸膜に癌が発症することによって炎症を起こしている状態を指します。そのほとんどが肺癌からの転移ですが、乳癌や胃癌などが進行すると、血管やリンパを移動して胸膜に転移することもあります。また、胸膜そのものに悪性腫瘍ができることで、癌性胸膜炎を引き起こすこともあります。しかし、別の場所から癌が転移した場合には、元の癌は末期であることが多く完治は困難だと言われています。その症状は胸の痛みや咳として現れます。また、症状が深刻になると息切れや呼吸困難といった症状になります。それは肺と胸膜の間に水が溜まることが原因です。この水は元々存在するものですが、癌性胸膜炎になると水が大量に溜まってしまいます。それによって肺が圧迫されてしまいます。

癌性胸膜炎は主に症状を和らげる治療が主です

癌性胸膜炎の治療は元の癌に対する治療と並行して行っていきます。また、胸膜そのものに悪性腫瘍ができたことによって癌性胸膜炎になった場合には、悪性腫瘍を根絶する治療を行なっていきます。癌性胸膜炎の治療は、主に胸の痛みなどの症状を緩和する治療を行なっていきます。その方法は胸膜と肺の間に溜まった水を胸膜にチューブを付けることによって取り出す方法です。しかし、時間が経てば水はまた溜まってしまいます。そうならないように胸膜癒着施術というものを行なっていきます。この方法は、溜まって水を抜いた後に薬品を注入することで、水の溜まるスペースを狭くするというものです。