乳癌は定期検査で防ぐ|早期発見が出来れば転移も怖くない

ドクターとナース

免疫沈降法とは何なのか

病室と救急車

免疫沈降法とはどういう仕組みの検査方法なのか

免疫沈降法は様々な病気の検査方法として使われています。免疫沈降法は抗原抗体反応という性質を利用して行なわれています。沢山の種類のたんぱく質が混ざっている液体があるとします。その中から特定のたんぱく質を取りたいときに、取りたいたんぱく質と結びつく抗体を液体の中に入れます。そうすると抗体に取り出したいたんぱく質とくっつきます。この反応が抗原抗体反応なのです。その抗体にくっついたたんぱく質を取り出して調べるのが、免疫沈降法なのです。

主に免疫沈降法は血液検査で行なわれている

免疫沈降法は様々な病気の検査方法として行なわれています。体内にある病原体はたんぱく質で構成されています。もし、体内に病原体があるなら、抗体とくっつきます。そうなると陽性反応がでるのです。この免疫沈降法はがんなどの病気のほかに新しい病気の発見にも役立っています。
専門的な病院では免疫沈降法を使って様々な病気の原因について調べています。そのため、昔には分からなかった病気の治療法も分かってきています。それによって、沢山の人が助かっているのです。この専門的な検査を行なっているのは大学病院などの大きな病院がほとんどです。自分の身体のことをより知るのに免疫沈降法を行なう場合には、大きな病院での検査をお勧めします。また、原因が分からない病気のときにも免疫沈降法が役に立ちます。もし、免疫沈降法の検査を行ないたい時には、病院のホームページや口コミサイトを活用するとより病院が探しやすいはずです。